:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
市議選終わる
市議選が終わった。
お陰様で、再選を果たす事ができた。嬉しいのは当然だし、本当に嬉しいのだが、県議選同様
「安堵している」
というのが正直なところだ。

「二期目は難しい」
といわれる。
実際、得票を減らしたり落選するのは二期目が多い。もちろん、二期目に得票を大幅に伸ばしている人もいるので一概には言えないが、二期目の壁ってやっぱりあると思う。
その中で、得票を増やすことができたのは素直に喜びたいと思うし、今回の選挙は
「成功」
だったのだと思う。
だが、結果の分析は正直言って難しい。
「これぞ」という
「決め手」
はあったのだろうか?

前回は、瀬川元市議が選挙の陣頭指揮を執ってくれて、私の友人も指示に従うという形だったが、今回は私の友人が中心になって運動してくれた。
選挙戦が始まってからは、選挙をよく知っている知人が加勢してくれて
「選対」※1
が機能したものの、選挙の経験が無い・浅い友人達が本当に良くやってくれたと思う。

選挙運動は、街宣車を走らせて、駅頭で民主党各級議員とともに街頭演説。この他は、公選ハガキを出し、支援者への電話掛け、と言う具合。
街宣活動が中心の極々オーソドックスなものだ。

そういう選挙戦だったが、強いて言えば
「街頭演説」
「駅頭集会」
には力を入れた。

選挙戦中日の午前中、民主党本部から仙谷由人衆院議員が応援に駆けつけてくれ、街宣車に同乗し弁士を務めてくれて、所々でスポット演説(※2)をして頂いた。
夕方は参院選候補予定の斉藤つよしさんと、政治評論家の森田実さんが、
「藤沢駅南口・駅頭集会」
の応援に駆けつけてくれた。
最終日には女優の小山明子さん千葉景子参院議員参院選候補予定の水戸将史さんから応援演説。
小山明子さん、中塚一宏さんは水曜日・土曜日両日とも参加してくれたし、盟友・齋藤健夫県議は両日ともに司会を務めてくれた。

水曜日の私の演説は、スタッフから
「ダメだった」
と酷評された。
30分近く演説し、自分では特別問題は感じなかったのだが、声が出ておらず、疲れからか早口で
「ゴニョゴニョ」
していたらしい。
自分では分からないものである。

だが、土曜日の演説は
「良かった」
そうだ。
水曜日の駅頭集会の反省もあったろうし、30分も話さず、15分くらいだったから疲れなかったのかもしれない。
何よりも
「最終最後のお願い」
だから、気合いが入っていたのだろう。

この他にも、藤沢南口には何度か入って街宣車で演説をしたし、車を降りて普段のようにハンドマイクでもおこなった。
さらに、小山明子さんとは地元鵠沼海岸商店街で「桃太郎」(※3)もした。

後は、市内各駅前、スーパーの前などでスポット演説。
前回はこんなに演説はしなかった、というよりも出来なかった。

4年前は、正直言って2〜3分話すのも大変だったが、一期四年やると、さすがに話すのは慣れてくるし、ネタにも困らない。
「時間が余っているから話を引っ張れ」
といわれれば一時間でも話せる、は大げさか。

だらだらしゃべるのが成長か?と言うことはさておき、これが新人の時との最大の違いであり今回の選挙スタイルにもその違いが現れたわけだ。
だから、決め手、という程では無いかも知れないが
「民主党」
「著名人」

とのジョイントによる
「街宣活動中心」
の選挙ではあったろう。

とはいえ、大音量のマイクはやはりうるさいし、街宣車そのものが交通の妨げであり、何度か
「うるさい!」
「こんな所に停めると邪魔だ!」
と通りがかりの人からお叱りも受けた。
これは、公職選挙法が街宣車での運動を基本としているからであり、本当に申し訳ないのだが、反面、仕方が無いとも感じる。
いずれにせよ、こうした選挙のあり方は一考の余地があるだろう。

なにはともあれ、やっと終わった。そして好結果が本当に出て良かった。
皆さま、ご支援・ご協力、誠にありがとうございました。


※1. 「選挙対策本部」の略。
国政選挙や首長選挙などの場合は、候補者の後援会以外に労組や各団体など、普段は互いに接点がない人達が一堂に会して選挙戦を戦うため、「本部」を設置し「本部長」を立てて指揮系統を明らかにする必要が出てくる。
なので、市議選でこの呼称は大げさか。
ちなみに、私の選挙の場合は「選対=柳田後援会」となり、本部長は後援会長となる。
だから、本部もなにもないのだが、慣習上「選対」と呼ぶことが多い。

※2.スーパー前や商店街等の人が集まる場所でおこなう短め街頭演説。3〜5分、長くても10分程度か

※3.童話「桃太郎」が由来。ノボリ旗を持って練り歩く姿が、「犬」「キジ」「猿」を従えて歩く桃太郎と重なるため、選挙ではそう呼ばれる
| 17:43 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>