:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ごみ処理有料化案可決
今議会の焦点だった「ごみ処理有料化」案が、14日の本会議で可決。
来年の10月1日から実施される予定だ。
私は、ごみ有料化には、当初は賛成、次第に反対に傾いていき、一時は反対しようと考えていた。

会派内でも意見が分かれたが、最終的には議案が上程された以上、持論を市側にぶつけて、付け加える余地がある、つまり「中身」がとれたら賛成に回るのもやむを得ないと判断した。

私としては、よりよい施策となるよう道筋をつけたつもりだが、4万人もの署名を集めた「民意」に反して賛成したことには変わりない。市民の声を黙殺した、という批判は甘受するしかない。

この議案に対しては、「拙速だ」「もっと議論を」という意見が聞かれるが少なくとも議会ではもう十分議論されてきたと私は思う。
潮時だったのだ。

私達議員は、何よりもまず、
議案に対して「立つか、座るか」が第一の仕事だ
と思っている(「退席」っていうのもあるが)。
私はごみ行政が前進する、方に賭けた、ということだ。
| 21:03 | 議会(本会議) | comments(2) | trackbacks(1) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








こちらこそ、お疲れ様でした。
信頼度とかじゃなくて「言葉の定義」の問題かあ。
うん、それはわかりますね。
私の場合は、変な理屈で物事、とくに「政策」を語られると
「何言ってんの。お見通しなんだよ!」
って言いたくなります。
例の市のごみ有料化のパンフですが、一通り調べた後に改めて読み直すと、必要な事柄に触れてはいたんだ、と見直しました。
ただ、それが非常に弱いメッセージしか無かった、と思います。
そこが、残念ではありますが、なんだかんだいっても、役所が打ち出す政策は「異常」ではないと私なんかは思うわけですね。
廃棄物処理基本計画の改訂の際、どこまで新しい施策が盛り込まれるのか、注目しています。
また遊びに来て下さい。ありがとうございました。
posted by 柳田ひでのり | 2006/09/21 9:12 PM |
前進するかどうかは、ほんと、これからの取り組み次第ですね。期待してます。それと、わたしの場合、行政への信頼感が低いということではなくて、言葉の定義とか意味するものを曖昧にしていくことへの拒絶感が強いのだと思います。このへんの性癖(?)は、氏と似てるかも。。。なにはともあれ、お疲れ様でした!
posted by 藤沢生活 | 2006/09/20 3:59 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/385754
『とにかく賛成した議員には選挙入れません。』は、まちびの書き込み。いずれ騒ぎは収まるだろうが、4月に戸別収集がスタートした時、町の風景が一変し、少なからずの人が半年後の有料化をイメージする。そのあたりが、政治的な関心事になっていくだろう。選挙もあるこ
| 藤沢生活 | 2006/09/18 9:45 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>