:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
試練は続く
8月2日、民主党神奈川県連の常任幹事会が開催され、参院選の総括が行われた。
今回、神奈川県選挙区においては金子洋一氏と千葉景子氏の二名を擁立、全国比例区には三名の候補者を立てて挑んだものの、選挙区は一名当選、全国比例区も一名当選に終わった。

この結果をうけて執行部より総括文書が提案された。
これに対し修正道議が出て、県連執行部の責任を問う声まで飛び出し緊張が走ったが、結局は指摘事項を加えて書き直すことを前提に
「修正案は執行部に一任」
されることになり決着。
執行部原案が常任幹事会で了承されなかった事は私の記憶にはない。

一方、民主党の両院議員総会は、続投を表明した菅総理をはじめ幹事長ら党本部執行部の責任追求が噴出、参院選の総括どころではなかったようだ。
これと比べると「原案修正を前提に、総括文書は執行部一任」となった神奈川県連は平和な方か。

今後、民主党内は9月の代表選に向け水面下の攻防が激化することになる。
菅総理は代表続投の意思を表明したが、大敗北により求心力は低下、挙党体制を築けるのかどうか心許ない。
総理に反発するグループは対抗馬擁立を模索しているようだが、いずれにせよ誰が総理になっても衆参で多数派が異なる状況下で厳しい政権運営を余儀なくされることには変わりない。

衆院選の歴史的な勝利から一年、民主党政権は迷走が続いている。
解散・総選挙も覚悟、か…。
| 16:15 | 国会 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








コメント欄??
posted by k | 2010/08/21 12:30 AM |
暑い日が 続きますね。
代表選の前、何やら 中央政府は、時に嫉妬の渦の中で各議員は、泳がれていると言うような 記事も時おり 耳にし それが政界の一面でもあろうかと 想像しながらも(どこの世界も垣間見れる部分では ございますが。)やはり大変な世界に 身をおかれているんだと 感じています。
地方議員の皆様に到りましては 主義主張は元より どこか 人間味も感じさせる方を 応援しております。(完璧でなくても、、、多少、不器用にでも 頑張っている姿を 市民は、親しみを感じ 応援したくなります。)
この時期 顔を出す所も多く 大変なことでしょう。あらためて 察するにあまりある立場の自分だ と自覚致しますが どうぞ お体を大切に ご活動下さいませ。お祈り申し上げます。
posted by 市民 | 2010/08/18 8:03 PM |
柳田議員ほか数余名の方は上昇です。上昇しない者は低下です。
posted by 元人 | 2010/08/14 7:07 PM |
コメントありがとうございました。
おかげさまで、長野県知事選挙は民主系候補が制することができました。
昨年の衆院選以降、大型選挙は負けが込んでいましたので一安心、といったところでしょうか。
いずれにせよ、党は議員の集まりですから、仰る通り議員各位が頑張るしかないですね。

また、元人さんが仰るように、地方議員の役割が問われています。
国と比較すると市の仕事の範囲は明確かつ限定的なので、議会の意思は市行政に反映しやすいはずです。

つまり、市議会が変われば市も変わるはず。
「質的低下が顕著」
とのご指摘は真摯に受け止める以外ありません。
そう言われないよう、取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。
posted by 柳田ひでのり | 2010/08/13 1:42 PM |
参議選挙総括----バランス感覚と同情票、また厚遇天下り批判票。
国会議員以上に地方議員の重要性が高まっている。質的低下の顕著な当市においては特にそう感ずる。
posted by 元人 | 2010/08/10 2:47 PM |
長野県知事選 民主を軸にした 国民新党・社民推薦の あべ氏の当選 ひとまず ほっと 致しましたね。
まだ油断大敵かと 思いますので 一人一人が 自覚し 精進していくしかないですね。
posted by 長野県知事選 | 2010/08/09 3:42 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/1602541
<< NEW | TOP | OLD>>