:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
議会よりも面白い
7月17・18日、藤沢市の事業仕分けが行われた。
梅雨明け後の3連休、片瀬西浜では海の女王コンテストが行われており正に夏本番。
そうした中、藤沢市役所では行政マンと仕分け人が会議室で白熱した議論を展開、夏真っ盛りの巷と好対照をなしていた。

私も日頃は議会では市民から「見られる」立場だが、今回は「見る側」の一人として参加してきた。2日間の議論の一部を見ただけだが、
「議会より面白い」
というのが率直な感想だ。

議会審議自体がセレモニー化している、あるいは議員の発表会的だと感じることが多い。
たまに、議論が白熱して面白いというか迫力があると感じる時もあるが、殆どが予定調和的に進んでいく感じ。
一方、
事業仕分けは真剣勝負の雰囲気がある。
仕分け人は訓練されている、というか、行政側と議論するにあたっての必要十分な知識・討論術を持っていると感じるし、藤沢の人ではないが故に
「事業をどこまで把握しているのか?」
という疑問が無くもないが、しがらみが無い立場からの指摘は鋭く、大変参考になった。

事業仕分け、おそるべし。
ウカウカしてられないな。
| 00:23 | 議会(その他) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








いつもありがとうございます。

事業仕分け、2日間朝から夕方まで市役所に缶詰になり、仕分け人の方は大変だと思います。
また、傍聴の方々も。

それでも、
「そんな短時間で何が分かる」
みたいな批判があり、こうした批判ももっともだと思います。
しかし、仰る通り、名誉も金銭もなく仕分け人となっている皆さん方は立派だと思います。
市議として、考えさせられてしまいますよ。

また、ご指摘のとおり、目立たぬ場所で一所懸命やっている人って素晴らしいですよね。
それと、国の仕分けを行っている国会議員が市の仕分けをする、というのも興味深いですが、自身の選挙区の国予算を仕分けするなら大したもんだ、と思います。
私なら、自分の知り合いが関わっている事業とか、自分の地元のことを仕分けしてみろ、と言われると正直二の足を踏みます。

それでも、ムダだと判断したらエイヤって削減しなければなりません。ヤナ役回りですよね。

ともあれ、国地方を問わず、財政が厳しいのは確かですから、政治や行政に関わる人間には憂鬱な状況となります。
でも、市民はもっと大変なのですから、そんなことは言ってられませんが。

またのお越しをおまちしています。
ありがとうございました。
posted by 柳田ひでのり | 2010/07/29 10:22 PM |
こんばんは。
ご無沙汰して折ります。
猛暑が続くなか、如何お過ごしでしょうか^^

事業仕分け、面白そうですね。
正直、TVで放送の某仕分け人は、ある意味本人アピール的な・・・
感じで、真剣さは充分伝わってきましたが、差別感も感じ残念でした。
(仕分け人の見せたい気持ちも分かりますが・・・)

で、ある意味、ローカル(失礼な言い方かもしれません)な仕分け、は興味がありますね。
¥額に関係なく、メディアが来ている訳でもなく。

どこの仕分けも緊迫していると思いますが、某仕分け人もローカルまでやって来たら、本物だと一般人は思います。

その人でしか出来ない大きな仕分けもあると思いますが、、、
posted by ハ | 2010/07/23 9:33 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/1598842
<< NEW | TOP | OLD>>