:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
鳩山内閣、退陣
本日、鳩山総理が辞意を表明。
宰相鳩山由紀夫は8カ月で表舞台から去ることになった。

総理の地位につく人の心情は私のような凡人には計り知れないが、大変な緊張を強いられた8カ月間だっただろう。
こころから「お疲れ様でした」と言いたい。

で、新しい総理・代表には菅直人氏の名前が取りざたされている。
私は、鳩山・菅が「ミスター民主党」だと思っているので、私にとっては鳩山総理が辞めるのならば後継は菅大臣しかいないと思っている。

こうした民主党内の動きに対して、マスコミや野党は
「表紙を替えるだけでは国民に見透かされる」
「民主党は自民党の総理・総裁がコロコロ変わる、と批判していたではないか」
と一斉攻撃だ。
確かに、そうした批判は的外れだ、とも言えず、甘受するしかない。

だが、私は前回のエントリで
「民信なくば立たず」
と述べた。
「論語」
の一節だが、政治に一番大切なのは民の信頼で、鳩山総理はその意味では致命傷を負ったのではないだろうか。
だからこそ自ら責任をとって辞めるのであり、参院選のために看板を付け替えただけ、とは根本的に異なる、と私は思っている。

また、政権交代以降、たしかに民主党は問題が噴出した。
経験の無さからくる内閣の迷走や、総理・幹事長、それに北海道教組から違法献金を受けた小林議員などの政治とカネの問題。いろいろあった。
しかし、なんと言っても鳩山内閣の致命傷となったのは「米軍基地問題」なのだ。

民主党は日米安保や米軍基地に関する政策決定に関して、手痛い過ちをおかした、のはその通りかもしれない。
では、野党諸氏は、沖縄の負担軽減・基地のあり方に関して、妙案があるのだろうか?
共産党や社民党は、日米安保・日米同盟そのものを認めていないが、自民党をはじめその分派ともいえる新党の諸氏におかれては、基地問題・沖縄問題について、是非とも政見を示して頂きたいと思う。

来る参院選の争点は、民主党政権そのものの是非、といった雰囲気を感じる。
経験不足による現実対応への迷走、寄り合い所帯的な党の体質への批判もあろう。
総理・幹事長の「政治とカネ」の問題もあるだろう。
民主党という政党は、国政を任せるに足る政党なのか?と、有権者の審判を受けるのは当然であり、宿命だ。

だが、繰り返すが民主党政権が最大の危機を迎えた直接の原因は米軍基地問題だ。
マスコミの皆さんにおかれては、日米安保や日米同盟、沖縄問題についての各党の意見を是非とも争点として世に問うようお願いしたい。
| 21:47 | 国会 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








コメントありがとうございます。

今、沖縄の負担軽減や日米安保・在日米軍等は国民的な課題になった、と感じています。
グアム移転も重要な論点でしょうね。
アジア・太平洋地域における米軍覇権について、日本がどのように向き合うのかが問われていると思っています。

私は沖縄には何度か訪れたことがありますが、占領下にあるかのような米軍基地の様には悄然としますし、地上戦の戦跡を訪れると戦慄が走ります。
沖縄問題は、日本人として避けては通れないものだと思っています。

貴重なご意見、ありがとうございました。
posted by 柳田ひでのり | 2010/06/04 12:27 AM |
私は 1970年2月生まれで 現在 失業中で 求職中です。

辞任の事は ニュースや ワイドショーなどで 知りました。

大阪府在住ですが 7月の参議院選挙には 知人の 尾立源幸さんが出馬しますが 辞任の事や 普天間の基地の事で 尾立さんの 選挙に 影響がないか とても 心配です。

6月1日の ワイドスクランブルに 辻元清美さんが 出演なさっていました。
辻元さんの 話によりますと グアムでは 基地を 受け入れを 了解なさっているそうです。
辺野古も 徳之島も 住民のかたが 反対なさるのなら グアムがいいと 思います。
posted by ふくろう | 2010/06/03 12:42 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/1586299
<< NEW | TOP | OLD>>