:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
各派交渉会その3 何のための会議か?
当ブログをご覧になっているかたから、
「交渉がまとまらないなら最終的には多数決でも仕方ないのでは?」
という質問を頂いた。
ちょうどよいので、それに対してお答えしたいと思う。

これまで述べてきたが、議会人事は議長に権限がある。
あるいは、本会議、つまり全議員による多数決で決める。

手続き上は臨時会で議長が各議員の所属委員会を指名し、
「これで良いか?」
と謀る、という段取りになる。

ここで、
「意義あり!」
となると、議長指名通りでよいのかどうか、本会議での採決を行い、全議員参加の多数決により決定する、というのがルール通り。

議員は「常任委員会に所属すること」と自治法で決まっており、
「何々委員会に配属されるのなら気に入らないから俺は委員会には所属しない。本会議にだけ出席する」
というのは法的に許されない。

議員が委員会に入るのは強制されているのだ。

委員会所属が強制ゆえに、議長としては議員各位の希望を出来るだけ聞き入れ、最低でも本会議の議長指名の際に「異議あり!」とならないように配慮したい、と思うのは当然だろう。
本会議での議長指名の際には全議員が「異議なし」で議員各位の所属委員会が決まる、というように議長としては持って行きたいわけだ。

そのために、本会議に先立って各派交渉会を設置して事前に議員の希望をとるわけだ

そして、交渉会を仕切るのは「座長」だ。座長は、議長のために、もっと言えば、
「議長が本会議で『異議あり』は避けたいから、出来るだけ各議員の納得が得られるような交渉結果を出すよう、座長(と与党)に託している」
ということなのだ。

で、各派交渉会がまとまらなければ、交渉会は決裂、というのが筋であり、異議が出ることを覚悟で議長が指名し、異議あり!になったら粛々と本会議で採決をするしかない
逆に言えば、どのみち交渉会で採決したところで、反対した議員は本会議の議長指名で「異議あり」と言うだろう。

とすれば、座長は議長の意を汲んだ仕事が出来なかった、ということになるのは変わりない。
だから交渉会の採決は意味ないよ、愚の骨頂だよ、と私は言っている。

今回の交渉会の進め方を見るにつけ、議長の思いを座長はどこまで慮っていたのか?与党はどこまで議長を支える気があるのか?という思いが募る。

さらに。
済んだことは余り言いたくないが、この際だからいわせてもらおう。

昨年の交渉会の時は、私たち「旧かわせみ会」が最大会派(9名)となっており、議長改選の折で、当然ながら私たちの会派から議長を選出するつもりでいた。
だから、交渉会座長も我が会派から出し(矢島議員)、各議員の希望を最大限尊重する大役を引き受けていた訳だ。
もっとも「議長をとる」というスケベ根性から座長を出したのは確かだ(結局議長選は負けた)。

一方、現与党の三会派は、我が会派選出の座長に協力するどころが、三会派で希望を出し合い固め、あとはかわせみ会以下野党が譲り合え、座長がまとめたらよろしい、と言わんばかりの態度だった。
三派が強硬だったので中々交渉は進まなかったが、矢島議員は座長の責任を立派に果たしたと思う。

で、最大会派であり座長を出していた私たちは
「座長に恥をかかせるわけにはいかない」
という意地で、一人会派を含め全議員の要求を通しウチの会派が泣いた、という経緯がある。

座長会派、最大会派というのはそういうものだ、と私は議会人としての心得を学んだ。

しかし、今の与党はどうか?
議長・副議長、監査委員。主要ポストを独占し、恣意的な議会運営を行っており議運委員長辞任など迷走続き。
それ以前に、市議会は議決機関として執行機関(市長以下当局)と対峙していかなければならないのにそれも放棄。
そんな有様で
「議会活性化」
とは笑わせる、は言い過ぎだろうか?

与党は与党の理屈・言い分があるのだと思う。
私はもやは完全に野党議員と化したので、議会運営に対しても、いたずらに足を引っ張るつもりはないが責任を持つ立場ではない。
野党議員として、議長、議運委員長、交渉会座長のヘマを突っ込めば良いだけであり、その意味では言いたい放題、気楽なものだ。
そんなヤツを相手にしなければならない与党は大変だとは思う。

だが、先の定例会での議運委員長の辞任、今回の座長の仕事ぶり、歩み寄る気配がない与党交渉委員の動きを見ていると、責任ある立場で議会運営を考えているとはどうしても思えない。

藤沢市議会は大きな曲がり角を迎えているのだろう。
| 15:42 | 議会(その他) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/1581317
<< NEW | TOP | OLD>>