:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
議会基本条例その4  〜具体的取組の検討〜
条例の具体的な中身や制定過程のあり方については、各市の動向や執行機関側の取組み状況の調査も大切で、必要とあらば先進自治体議会から講師を招いたり、執行機関の担当者に説明をしてもらうのも一法だ。
市民広聴については、なんと言っても執行機関はいつもやっているのだからノウハウを持っている。市職員に教えを請えばよいと思う。

議会基本条例というよりも「議会改革」の取り組みの中で、いわば目玉が「議会報告会」だろう。
先進自治体で取り入れられており、効果を上げているようで、私も必要性は否定しないが、色々な意味で藤沢市議会はその段階にはない、と思う。
以下、理由を述べたい。

1.党派の問題
政治はこれが避けられない。
例えば、自民党議員8人、公明党6人、民主党と共産党が3人。
無所属議員は政党との結びつきに濃淡はあろうが、はっきり政党色を出している議員は藤沢では上記のような構成だ。
私としては、まず藤沢民主党としての市議会報告会等の取り組みが必要だと思っているが、実現出来ていない。
そんな状況で、他党の皆さんと一緒に報告会をするのはずっと後回し、というのが本音だ。

2.そもそも市民に求められているのだろうか?
私は議員になって7年になるが、いわゆる報告会をやったのは一度だけ。それも、前回の選挙に向けて、という中で。
そんなわけで、やりたくない訳ではないのだが、その一度の報告会があまりにもつまらなかったのか、支持者からは「報告会をやって欲しい」という声は聞かない。
有り難いことに
「今年は地引き網やらないの?」
という事は言われるが(苦笑)。

自分の報告会のつまらなさを棚に上げて言わせて頂くが、皆さん忙しい中、一体どれほどの人が時間を割いて報告会を聞きに来てくれるのだろう?と素朴な疑問がある。
議会で見る限り、各議員の質疑やプレゼンは巧拙がハッキリ言ってあり、人によっては議員報告会は面白いのかもしれないので何とも言えないが。

ともあれ、報告会よりも議会での審議の透明化や、ネット中継の拡充議会報の編集の見直し等々、議会内部で改善すべきことを優先する方が現実的だし必要だと思う。
それでも「議会報告会をやる」というのならば、議長と副議長、各常任委員会の正副委員長がまずおこなってみればよいのではないだろうか?

〜提言1.隗より始めよ 報告会は議会運営の責任者がまず行う〜
正副議長と活性化検討会の座長みずから率先して報告会を行えばよい、と思う。その際には私も聴衆として参加したいと思う。

〜提言2.議会広報の拡充と根拠に基づく議会運営〜

・ネット中継を常任委員会でもおこなう
・議会報に議案に対する各議員の賛否を掲載
・先例や申し合わせによる議会運営から、規則による議会運営へ

〜提言3.議決事項の拡大〜

市行政計画のうち、策定を自治法で義務づけられているのは
総合計画(基本構想)
都市マスタープラン(同上)
で、議決事項となっている。
しかし、今後の自治法改正の際、市町村に総合計画策定の義務付けが廃止される可能性があり、そうなると当然ながら法的に議決事項ではなくなる。

市が「任意」に総合計画を策定した際、議決の法的担保を失うことになるので、議会基本条例で、例えば「市の重要な計画は議決を要する」みたいな文言を入れることを考えておかなくてはならない。

この他に「環境基本計画」なども「重要な計画」に含まれるかもしれない。こうした行政計画の基本構想を「議決事項」とする、のも検討してもよい。
もちろん、その際には議会の議論の質を高めることは言うまでもないが。

さらに言えば、今回の善行問題を鑑みるに、財産取得の議決要件の緩和(契約金額も同様)も必要ではないか。
今は土地取得の場合は
「2000万円以上かつ5000岼幣紊療效蓮
に議決が必要、となっているが、これは昭和40年代の話であり、このような大規模な土地の取引は今は殆どないだろう。また、当時なら2千万円は大金だったかもしれないが、いずれにせよこうした議決を要する事項についても今一度考え直す必要があろう(続く)。
| 16:31 | 議会(その他) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hidenori-yanagida.net/trackback/1575191
<< NEW | TOP | OLD>>