:::藤沢市議会議員 柳田ひでのり:::藤沢市議会議員柳田秀憲のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
市議補選終わる
ご承知の通り、17日投開票の藤沢市議会補欠選挙では、わが民主党公認の
佐藤きよたか候補
は惜敗。
短い準備期間の中、佐藤候補は大健闘を見せてくれた。敗れたとはいえ堂々たる候補者ぶりを発揮し、強力な相手候補を追い詰めた奮闘は賞賛に値すると思う。
佐藤候補、本当にお疲れ様でした。

私は今回の選挙で、選対本部長という重責を担った。
当然ながら、選挙は候補者本人のものだ。通っても落ちても、全責任を追うのは本人である。
では、選対本部長は何かといえば、候補本人にもあれこれ指示を出す、いわば選挙戦の
「最高司令官」
的な存在ともいえる。やはり、選挙の総責任者なのである。
で今回、敗戦の責任の多くは私にある、だろう。

「本部長、これどうしますか」
「本部長、明日のスケジュールは?」
「本部長、本部長…」

という具合に、皆が私のところに問い合わせてきたり意見を述べたりするので、正直私の能力ではパンク状態だった。

本来「選挙対策本部」は、本部長の下に実務を取り仕切る
「事務局長」
がいて、さらに
「遊説計画担当」や「団体対策担当」など、個別に責任者を置くのが通例だ。
しかし、今回は準備期間が短かったこともあり、各部門の取りまとめ役を置くこともままならず、私が本部長兼事務局長、さらに遊説計画担当…という感じになってしまった。

だが、ピンチのときに頼りになるのは、やはり仲間だ。
中塚代表以下、民主党支部所属の各級議員や県内他地区の議員・議員秘書が応援に駆けつけ街頭運動などで陣頭指揮をしてくれたし、知人も紹介してくれた。
各議員は、やはりそれぞれが選挙のプロだ。選挙戦全般で様々なアドバイス・アイデアを出してくれ、大いに助けられた。
労組などの支援団体は、ポスター張りをはじめとした選挙準備の支援や構成員に佐藤候補を働きかけたり電話作戦を買って出てくれた。
中塚事務所から応援に入ったスタッフたちは、事務全般でフル回転し裏方を支えた。
後援会長をはじめ家族・友人たちも、選対が無理を言っても嫌な顔ひとつせず、動き回ってくれた。
こうして選挙戦が進むにつれ、選挙事務所の陣容は充実してきて、最後は本部長はいなくても平気、というところまで仕上がった。

そんな中、佐藤候補は選対からの「日替わり」の指示にもめげず、早朝から深夜まで本当に良く頑張った。
選挙に
「たら・れば」
は禁物だが、もっと時間があればなあ、と何度思ったことか…。

結果的には
「出遅れ」
が致命傷となった格好だ。
本部長の私に十分な能力があれば別だが、選対をしっかりと組織化できない状態では緻密な選挙戦を展開することは無理だったと言わざるを得ない。
選挙計画が大雑把かつ場当たり的になってしまったことは否めないだろう。
また、広報戦術も不十分な上、政策面も十分煮詰めることが出来なかった。本部長として、反省の種は尽きない。

ともあれ、準備不足そのものを含めて我々の
「実力不足」
なのである。
当選した陣営が、総合的に我々を上回ったということだ。素直に敗北を認め、当選した桜井直人氏に心から敬意を表したい。

市民・支援者の皆様:
2月10日から一週間、大変お騒がせをいたしました。
候補者は短い準備期間の中、持てる力を十二分に発揮し奮闘しましたが、選対の力が至らず残念な結果に終わったことをお詫びいたします。この選挙結果を総括し、今後の活動に活かしていきます。
皆様からいただいたご支援に心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
| 17:23 | 議会(選挙) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
佐藤きよたか支援者集会
佐藤きよたか支援者集会は、後援会の皆さん、湘南地域連合の方々、応援してくれる伊藤市議と及川町議、民主党からは中塚総支部代表をはじめ齋藤・井手両県議、井上・三野両市議の参加を得て、温かい雰囲気の中にも緊張感が漂う良い会だっと自賛したい。
選挙前の唯一のイベントは無事に終了。

とはいえ、主催者としては反省ばかりだった。
準備不足からバタバタで始める羽目になり、会場のセッティングも参加者の皆さんにお手伝い頂く有様。「支援者集会」って言ってもなあ(汗)…。
ともあれ、本部長の不始末をスタッフがよくカバーしてくれた。本当に感謝。

皆さんから励ましの言葉を頂いて選挙モードが高まる中、本人の挨拶・決意表明もよかった。
会の最後は竹内後援会長から
「『学習院大学応援団出身』の佐藤君らしく締めよう」
という発案があり、それはいい!ってことで自分自身に対するエールで締めくくったわけだが、なかなかどうして、さすがの迫力だ。
会長、ナイスアイデアでした。

集会終了後、佐藤君と友人・後輩とで藤沢駅前で街頭演説。
このところ、佐藤君は精力的に街頭演説をこなしており、そのかいあってか立派な演説をする。頼もしい限りだ。ボランティアの友人・後輩の皆さんも寒空の下一生懸命やってくれている。
彼は本当に良い仲間を持っている。

選挙戦本番まで、あとわずか。寒い中での街頭行動は大変だけど、29歳の若さと情熱、何より「ど根性」で乗り切るだろう。

本日の佐藤きよたか支援者集会にお集まり頂いた皆さま、誠にありがとうございました。残りの期間、佐藤きよたかを先頭に選対も全力で頑張ります!
| 23:50 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
事後処理
選挙には「公費」が使われている。
ポスター掲示板、選挙事務はもちろん、
我々立候補者にも「税金」が使われている
のである。

具体的には、選挙ポスターと街宣車の一部に対して公費※1.から支払われる。
ポスター作成費、レンタカー代、燃料代、運転手日当
の4点。
候補者にしてみると、正直いってありがたいが、市民感情という意味では異論もあろう。
ただ、私個人的には、選挙活動に対して「公」が入るのは公正な選挙という意味で、また候補者の資金力が結果を左右することを「中和」する効果はあると思っているので、肯定的に捉えたいと思っている。

ということで、先のエントリでも述べたが、現行の選挙制度は公設掲示板の
「ポスター」
「街宣車」
での運動を中心に組み立てられている、ということが「公費負担の項目」からも分かる。「街宣車はうるさい」といわれても、なかなかやめられない訳である。
公費分を「もらわない」「いらない」というのなら話は早いのだが、そんなに余裕がある候補者はいないだろう。
なので、選挙後はこうした事務処理に忙殺されるわけだ。

この他、公費負担とは関係なく、公選法上の「選挙収支報告」も作成しなければならないし、借り物を返したり選挙事務所の撤去等々、選挙が終わっても候補者はじめ「選対」メンバーは忙しい日々が続くことになるのだ。

※1.公費負担分
・ポスター限度額     558,444円
(一枚あたり1038円×掲示板538箇所)

・レンタカー費1日あたり上限15,300円×7日
   ・燃料費1日あたり上限 7,350円×7日
 ・運転手手当1日あたり上限12,500円×7日
| 14:03 | 議会(選挙) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
市議選終わる
市議選が終わった。
お陰様で、再選を果たす事ができた。嬉しいのは当然だし、本当に嬉しいのだが、県議選同様
「安堵している」
というのが正直なところだ。

「二期目は難しい」
といわれる。
実際、得票を減らしたり落選するのは二期目が多い。もちろん、二期目に得票を大幅に伸ばしている人もいるので一概には言えないが、二期目の壁ってやっぱりあると思う。
その中で、得票を増やすことができたのは素直に喜びたいと思うし、今回の選挙は
「成功」
だったのだと思う。
だが、結果の分析は正直言って難しい。
「これぞ」という
「決め手」
はあったのだろうか?

前回は、瀬川元市議が選挙の陣頭指揮を執ってくれて、私の友人も指示に従うという形だったが、今回は私の友人が中心になって運動してくれた。
選挙戦が始まってからは、選挙をよく知っている知人が加勢してくれて
「選対」※1
が機能したものの、選挙の経験が無い・浅い友人達が本当に良くやってくれたと思う。

選挙運動は、街宣車を走らせて、駅頭で民主党各級議員とともに街頭演説。この他は、公選ハガキを出し、支援者への電話掛け、と言う具合。
街宣活動が中心の極々オーソドックスなものだ。

そういう選挙戦だったが、強いて言えば
「街頭演説」
「駅頭集会」
には力を入れた。

選挙戦中日の午前中、民主党本部から仙谷由人衆院議員が応援に駆けつけてくれ、街宣車に同乗し弁士を務めてくれて、所々でスポット演説(※2)をして頂いた。
夕方は参院選候補予定の斉藤つよしさんと、政治評論家の森田実さんが、
「藤沢駅南口・駅頭集会」
の応援に駆けつけてくれた。
最終日には女優の小山明子さん千葉景子参院議員参院選候補予定の水戸将史さんから応援演説。
小山明子さん、中塚一宏さんは水曜日・土曜日両日とも参加してくれたし、盟友・齋藤健夫県議は両日ともに司会を務めてくれた。

水曜日の私の演説は、スタッフから
「ダメだった」
と酷評された。
30分近く演説し、自分では特別問題は感じなかったのだが、声が出ておらず、疲れからか早口で
「ゴニョゴニョ」
していたらしい。
自分では分からないものである。

だが、土曜日の演説は
「良かった」
そうだ。
水曜日の駅頭集会の反省もあったろうし、30分も話さず、15分くらいだったから疲れなかったのかもしれない。
何よりも
「最終最後のお願い」
だから、気合いが入っていたのだろう。

この他にも、藤沢南口には何度か入って街宣車で演説をしたし、車を降りて普段のようにハンドマイクでもおこなった。
さらに、小山明子さんとは地元鵠沼海岸商店街で「桃太郎」(※3)もした。

後は、市内各駅前、スーパーの前などでスポット演説。
前回はこんなに演説はしなかった、というよりも出来なかった。

4年前は、正直言って2〜3分話すのも大変だったが、一期四年やると、さすがに話すのは慣れてくるし、ネタにも困らない。
「時間が余っているから話を引っ張れ」
といわれれば一時間でも話せる、は大げさか。

だらだらしゃべるのが成長か?と言うことはさておき、これが新人の時との最大の違いであり今回の選挙スタイルにもその違いが現れたわけだ。
だから、決め手、という程では無いかも知れないが
「民主党」
「著名人」

とのジョイントによる
「街宣活動中心」
の選挙ではあったろう。

とはいえ、大音量のマイクはやはりうるさいし、街宣車そのものが交通の妨げであり、何度か
「うるさい!」
「こんな所に停めると邪魔だ!」
と通りがかりの人からお叱りも受けた。
これは、公職選挙法が街宣車での運動を基本としているからであり、本当に申し訳ないのだが、反面、仕方が無いとも感じる。
いずれにせよ、こうした選挙のあり方は一考の余地があるだろう。

なにはともあれ、やっと終わった。そして好結果が本当に出て良かった。
皆さま、ご支援・ご協力、誠にありがとうございました。


※1. 「選挙対策本部」の略。
国政選挙や首長選挙などの場合は、候補者の後援会以外に労組や各団体など、普段は互いに接点がない人達が一堂に会して選挙戦を戦うため、「本部」を設置し「本部長」を立てて指揮系統を明らかにする必要が出てくる。
なので、市議選でこの呼称は大げさか。
ちなみに、私の選挙の場合は「選対=柳田後援会」となり、本部長は後援会長となる。
だから、本部もなにもないのだが、慣習上「選対」と呼ぶことが多い。

※2.スーパー前や商店街等の人が集まる場所でおこなう短め街頭演説。3〜5分、長くても10分程度か

※3.童話「桃太郎」が由来。ノボリ旗を持って練り歩く姿が、「犬」「キジ」「猿」を従えて歩く桃太郎と重なるため、選挙ではそう呼ばれる
| 17:43 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
いよいよ市議選
明日から市議選が始まる。
我が民主党は、統一選前半戦は成功。
その余勢をかって、後半戦も駆け抜けたいと思う。

私自身の選挙準備は、スタッフのおかげで整ってきている。後は、私はまさに
「御輿に乗る」
のみである。

いつも思うことだが、選挙って、本当に多くの人の手助けを得なければ、どうにもならない。
一人で出来ないこともないかもしれないが、立候補届出の書類だけとっても結構多い。
そして、公選法で認められている選挙運動、すなわち告示後の500箇所以上の掲示板にポスターを貼る作業、2000枚の公選ハガキの投函や電話での依頼、そして街宣車での運動等々…。

有権者の皆さんにしてみると、選挙ポスターはさておき、
「街宣車は騒音」
だと思うむきもあろうし、電話作戦も鬱陶しいと感じるかもしれない。公選ハガキにしても、効果的だとは思えない、という意見も聞かれる。

だが、こうした運動しか公職選挙法上認められていない以上、候補者としてはやるしかない、のである。

そして、これら一連の運動を、支援者の皆さんが手分けしておこなってくれる。
法律上は街宣車の運転手とウグイス嬢しか、報酬を支払ってはいけないので、電話や宛名書きなどは
「ボランティア」
なのだ。
とにかく感謝・感謝である。

有権者の皆さまへ・
選挙というと「騒々しい」と感じられる皆さまには誠に申し訳ありませんが、明日より一週間、私も街宣車・拡声器を使って、大きな音で、自身の名前を連呼したり街頭演説をおこないます。
お騒がせをしますが、何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今、小泉内閣の「三位一体改革」以来、不十分ながらも地方自治体とその住民が、自らの街を自ら治め、つくっていくという
「地方自治」
が進んでいます。
自治体が中央政府に頼る時代は終わりました。

限られた財源を用いて、いかにして住民福祉を向上させるのか。藤沢の街を発展させていくのか。
それが出来るのはどの議員か、あるいはどの政党なのか。
是非とも投票所まで足を運び、貴重な一票を投じて頂きたいと思います。

投票日までの一週間、全力で頑張ります。街で私を見かけたら、是非お声かけ下さい!
| 22:13 | 議会(選挙) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
県議選
県議選が終わった。
齋藤健夫、井手拓也両氏が揃って当選。同士が当選するのは単純に嬉しいが、それよりも民主党12区支部としての責任を果たせたという
「安堵の気持ち」
が勝っているのが正直なところだ。

今回の選挙は、定数5名に対して2名を同じ政党から擁立するという難しさがあった。
前回は、民主党公認は齋藤県議だけだったので、
「さいとう」
というよりも
「民主党」の「さいとう」
という形で運動できたのだが、今回は
「民主党」の「さいとう」
「民主党」の「いで」
という具合に、候補者本人の売り込みが問われることになり、すると
民主「党」を支持する有権者は
「民主党って誰に入れればいいんだっけ?」
となってしまうのだ。
ここに複数擁立の難しさがある。

そうした中、民主党支部としては、齋藤・井手両氏は政治スタイルも違うし、地元も市内の南北に分かれているので得票は重ならない、と判断して選挙戦に臨んだのである。

結果的には、成功を収めたのだが、一つ間違えれば共倒れの可能性もあったろう。そこを、それぞれが持ち味を発揮して当選したのは、候補者本人の力があったからだろう。
齋藤・井手両氏の奮闘を讃え、当選を祝福したい。
そして、本当にお疲れ様でした。

とはいえ、言うまでもないことだが、選挙は候補者一人で出来るものではない。それぞれの選挙を支えたスタッフ・支援者の皆さんの尽力あればこそである。

両候補を支えて頂いた皆さま、心から感謝申し上げます。

| 12:57 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
政党議員
日曜日の夕刻、藤沢駅南口で街頭演説を行った。
司会・進行は私、応援弁士に千葉景子参議院議員と中塚一宏12区総支部代表、そして齋藤健夫県議。

このメンバーで、今まで何度駅頭にたっただろうか。
市議会、県議会、参議院、衆議院の全員が揃うのは初めてかも知れない…
などと感慨にふけっている場合ではないのだが。
中塚一宏氏が現職でないのが何とも悔しいが、ともあれ、このエリアの民主党の各級議員が藤沢駅前に勢揃いした意味は大きい。

地方議会の活動と政党活動は全く別物、ではない、というのが一期四年市議を務めた私の実感である。

民主党議員は藤沢市議会では私ただ一人、しかも一年生議員なのだが、市政の争点が持ち上がるたびに、私に対して
「民主党はどうするのか?」
と議会筋のみならず、市当局からも質されることがあった。

なんだかんだ言っても、我が民主党は
「野党第一党」
だし、自民に次ぐ勢力なのだ。
その民主党の「看板」を、藤沢市政では私一人で背負っていたのである。
だから一年生議員の私でも、市議会で一定の存在感を示せたのだ、と自分では思っている。

地方議会も政党の存在感が増している、と感じる。一人では出来ないことも、力を合わせれば大きなことが出来るのだ。
| 12:21 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
県議会選挙はじまる
30日より、県議選がはじまった。
私は、朋友・齋藤健夫県議の応援に入ることになっている。

昨日は、10時の出陣式に応援市議として参加、午後から齋藤候補とともに商店街で街宣行動をした。その後、宣伝カーに乗り、候補者に成り代わって街宣。
夕方は藤沢駅南口で街頭演説をおこなった。

他人の選挙の応援演説は、自分よりもやりやすい部分もある。例えば
「齋藤県議は、一期目ながら政策通で、県政には無くてはならない存在です!」
「民主党が確信をもって推薦するのは、齊藤健夫、さいとうたけお、です!」
といえる。これ、自分のことで言っていればバカ、である。

選挙前の街頭演説は
「藤沢市は今年度予算は云々で、子育て支援がどうのこうの」
みたいに、政策を述べることになるが、選挙期間中は、とにかくテンションを上げる。前回の総選挙の際、当時の岡田代表が藤沢入りしたとき、私は街頭演説会の司会を務めた。
で、
「民主党が政権交代を果たし、その時首相になる人、岡田克也です!!!」
みたいに、スイッチを切り替えないといけないのだ(ウルサイって声が聞こえてくる…)。
とにかく齋藤県議が当選するべく、私も必死である。
祈、齋藤健夫必勝!
| 14:58 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
集会御礼
10日の鵠沼での集会と、17日の片瀬での集会が無事終了しました。
両日とも、30数名のご参加をいただき、誠にありがとうございました。
鵠沼・葉山家では、地方分権・自治についてお話しました。
片瀬では、パワーポイントを用いて市政全般についての話となりました。

鵠沼のミニ集会では、その場で話を考えたので、もう一つまとまりのないものとなってしまったと反省しています。
片瀬の方は、予定よりも長くなってしまい(40分超)、途中から駆け足になってしまいました。テーマが多すぎたかもしれません。

ただ、お集まりいただいた皆さん、稚拙な話を熱心に聞いて下さり本当にありがたい限りです。

次の機会には、今回の反省をふまえ、
「来て良かったな」
と言ってもらえるような演説をめざします。

| 02:18 | 議会(選挙) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
集会のお知らせ
3月10日、ミニ集会を開催します。
15時から、場所は選挙事務所隣りの葉山家です。
当日は柳田市議、齋藤健夫県議、中塚一宏12区支部代表と市民の皆さまとの懇親会形式です。

つづいて、3月17日、片瀬公民館にて「市政報告会」を行います。
19時開場、19時30分開会です。
こちらは演説会形式で、弁士は同様に柳田市議、齋藤県議、中塚前衆院議員です。
皆さまのご参加をお待ちしています。
| 19:58 | 議会(選挙) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 柳田ひでのり |
| 1/2 | >>